タワーバーでボディ補強しよう

ボディ補強の第一歩は、やはり「タワーバー」です。

タワーバーは、主に横剛性をアップするためのボディ補強パーツですが、この補強には大変有意義な意味があります。

まず、タワーバーの装着によってショックアブソーバーの動きが良くなる点。これは、ショックアブソーバーの上部付け根の剛性が上がることにより、ショックアブソーバーの伸び縮み、バネの伸び縮みが適正になっていくのです。

結果、足回りが正確な動きをするようになるため、ハンドリングの向上にも繋がる事になるのです。車線変更時や、轍の深い路面で効果を感じやすいでしょうか。

純正ショックのままでも、車の挙動をとらえやすくなるため、ボディにヤレが出てくる前に取り付けて剛性をアップしておくと良いでしょう。純正状態の挙動を正確に把握しておくことにより、のちにショックアブソーバーを交換したり、車高調にアップグレードした場合は好みのセッティングに変更し易いですし、足も良い仕事をしてくれます。

特に強化ショック(もしくは車高調)になると、ボディへの衝撃の入力は大きくなっていきます。そういった足回りに変更するのであれば、特に剛性を上げておかねばなりません。

ハッチバック車両の場合、リアのタワーバー取り付けを行うと荷室が狭くなり積載量に問題が出てしまいますが、ロアアームバーで下から補強してあげる方法があります。

タワーバーの動画を見てみる!

タワーバー等の取り付け手順を動画で確認してみましょう!
もっと多くのタワーバー動画を見たい場合は「こちら

Loading...

タワーバーやロアアームバー、ロールバー検索!

タワーバーハウスでは、様々なボディ補強パーツを検索する機能があります。
ボディ補強パーツ検索はこちら

最新のボディ補強パーツ情報!

タワーバーやロールバー等の新着情報をお伝えしております。